読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわとりちゃん

深く考えてないです

新社会人に向けた激励(嘘)

こんにちは。久しぶりにブログを更新します。と言ってもて書くことないしなー。気づいたら四月が終わっていた。近況にも特に変化はないなー。周りはもう社会人なので忙しそうにしてるけど。と言っても流石に毎日アホみたいにボケーと過ごしていると流石に身体に悪いだろうな…。と自分もつくづく感じていなわけでもない。学生時代の頃はまあ良かった。確かにやりたくないこともあったけど生活してればイベントがやってくる(文化祭とかetc)。でも今は自分から主体的に動かないとイベントが無い。いやそれが当たり前なんだけどね、そもそもイベントというものは作られたものであって自然と発生するものでは無い。別に義務じゃない。やりたくなければやらなくていいし、やりたくなったらイベントを生み出したり参加すればいい。

最近はSNSで投稿されているイベントがだいたい、友達、旅行、ご飯しかないのでこれが標準化か〜〜って言ってます。んじゃまた🙋🏽

インスタグラムポエマーに物申したい。

新学期が始まる。漢字的には初まるなのか、始まるなのか、多分始まるであってると思う。会うなのか合うなのか逢うなのかみたいな。

 

クズの本懐を読み終えた。とりあえずちゃんと読んでいたので完結まで見届けられて嬉しい。

恋愛漫画なので当たり前だが、各個人の恋愛について描かれている。基本的に登場人物全員が片思いであり、ほとんどが恋叶わず終わる。(この要約の仕方はセンスがないと自分でも思う。)

僕がこの漫画を読んでて思ったのはよく異性に好意があるってだけでここまで複雑に描けるなと思ってしまった。

そこまでみんな頭をフル活用して、ポエムを並べて恋愛するのか???と。

これが普通なのだろうか?そもそも恋愛してる人ってこんなに悩むんだー。と言うところに衝撃を受けた。もっと単純でいいんじゃないだろうか?君と生殖がしたい!。ダメなら諦めます!🙅みたいな。ダメかモラルがなさすぎる。

そもそも生殖や結婚がゴールとするなら

それまでのプロセスが複雑な方がそれはストーリーとしては面白いと思うけど、実際はどうなんだろうか?絶対疲れてしまうと思う、少女漫画とかいつもトラブル続きだし。

好きと嫌いをものすごく抽象的にかつ複雑にわざわざ思えるのがすごい想像力があるよね。と。

もっとシンプルでよくないですか?顔の造形が好きだからとか親が金持ちだから好きなどでもいいと思う。性格なんて日本人なんて大抵優しいし、正直身体の造形以外大差ないですよ。

恋愛なんてしたい人がすればいい。生殖しなくて死なないし、本当に忙しい人は恋愛なんてしてる暇なんてないんですから、結婚と子供なんて最高の暇潰しだし。(なんかTwitterにこんなことが書いてあった)

それではまた

 

 

派遣社員がある!

今日、就活の本を探してて偶然、派遣社員があるじゃない!(そんな感じな題名だったはず)っていう本を見つけた

まあ、内容といえば派遣社員のメリットをあげてる感じった。例えば頑張れば正社員になれるとか人間関係が煩わしくないとか。

近年、非正規雇用が増えていたり、正社員になっても職場がブラックだったりとそんなニュースを皆さんも見たことあるだろう。割と僕らも考えなければならならい問題だと思う。

日本人はというか普通は新卒で正社員を狙いに行くのがベターであり少しでも待遇が良いところを探してみんな就活する。と言っても最近は割と就職率もいいらしくあんまり周りも心配してる感じはない(僕は今年は就活しないが。)

問題は離職の方である。新卒で三年働いて仕事やめる人は3割近くいるらしい。

日本は転職や再就職すると前よりも待遇が下がることが多いので、嫌でも会社にしがみつく、辞めたら死んでしまう!って人が多いのかもな…って僕はちょっと思った。

そもそも人間関係をうまくやれないタイプはどうすればいいのか?仕事ができるかどうかも重要だが僕自身人間としてかなり欠陥がある。上手くコミニュケーションがとれない人は自分も気まずいし、多分周りも扱いづらいだろう。僕の場合そもそも就職できるか微妙だが、特に夢も希望も将来の展望もないので人間とゆるく付き合える会社がいいなぁ…と思う。もっというならそもそも労働したくないのだけれど。

最近は自分で店をやってる人に憧れている。カフェでとラーメン屋でもなんでもいいけど、独立して店を経営してるってかっこいいなと。だが、憧れているだけなのだ。ノウハウもないし、個人で店を経営することが死ぬほど大変なのは流石に僕ですら分かる。

話が逸れた。

接客ができないことはないのだが、できればしたくないなぁ。工場のラインや清掃とかなら無言でやれるのかなぁ…。 など考える毎日です。

皆さんはお仕事楽しいですか?

 

 

日記。

近況報告である。昔の進路担当に会ってきた。当時のことは個人的にはいい思い出ではないのだが今回は割と仲良く会話できたと思う。というかもう先生も俺が頭がおかしいので反論してくることがなかった。

正直、大学生になってからなにかありましたか?と聞かれればお家でTwitterばかりしていた気がする。良くも悪くも平和な毎日が続いている。ネットで騒ぐことがあっても多分今まで生きてて一番穏やかな毎日を過ごしている。正直こんな毎日が続けばいいなと思ってる。そんなことは絶対ないのだけど。

先生と話して気づいたが、俺は将来についてさっぱり考えてない。毎日をこなすのでも結構大変なのに未来のことなんて考えられない、考えたくないのかもしれない、悲観的になってしまうので。とりあえず今日は頑張った、それでよくないか?。明日頑張れるかは知らないけど今日は頑張ったのである。今は頑張ってないけど(オフなので)。

全然関係ないが今日ベイブレードの大会がやっていた。今でも見ていたら楽しそうだなと思えて、嬉しかった。まだ俺は純粋な心を持っている。でも明日になったらベイブレードがつまらないものに見えるかもしれない。それは怖いな思う。

価値観が変わるのは怖いと思いませんか?。

 

 

彼女の作り方を考えたい。

今回はオタクが考える彼女の作り方を発表したい。だが、そもそも彼女というものは作るものではなく、自然とできるものではないの?と思う諸君もいると思うが、あくまで自然に生きていてそのような状況にならない人のための記事なので

やはり、創る、のである。

ただし僕は恋愛関係に乏しいので現実的に可能な手段しか書かない。僕がこれから書くようなことを実際にしたことがないことを念頭において欲しい。

僕は何年も彼女の作り方!というような記事を探して読んでいるが、一番必要なことは異性と会う回数を増やすことである。確率論だ。サークルやナンパ、合コン、街コン、文化祭の出会い、友達からの紹介などなんでもいいから会話したり、連絡先をもらう人数できるだけ増やすことが重要である。トーク力やファッションうんぬんの前にとりあえず片っ端から異性と会話や連絡をすること。人間には会う回数が多い人を好きになりやすいという心理学的な要素があるので、とりあえず会う回数を増やすこと。キッカケや内容なんて正直どうでもいい沢山話すことが大切なのだ。確かに気持ち悪いと思われるかもしれないがそもそもなにもしなければなにも起こらない、リスクは負うべきである。アクションを起こすこと。ネットなどでも良いが、ちゃんと業者を見抜き、現実で会うこと。ネットやラインだけで恋愛に発展することはまずない。たまにラインやツイッターで女の子に絡みまくってワンちゃん狙ってる奴がいるがそれ以上に現実でも何回かアポ取ることが必要である。

あとは、まあ、コミニケーション能力や顔、ファッションなどはてきとうにモテる人を参考にすればいいと思う。真似ればいいと思う。というか経験を増やせば自然と身につく。

片っ端から異性を狙いに行け。ハイエナ呼ばれようが下品と言われようが気にするな、プライドは捨てろ、下半身に身を委ねろ。

僕はここまで書いたがこの方法を実践したことがない。理由は二つある。この方法はかなり金がかかる。端的に言えばマシンガン戦術なので、常にナンパや遊び続ける必要がある。お金が必要なのだ。

二つ目は単純にこの方法は考案者の僕ですら醜いと思うからだ。

でも、やる羽目なると思う。

 

理想なタイプ100点満点の女の子存在しない説。

男性には理想の女性像というものがあると思う。もちろん僕にだってあるし、君にだってある(多分)。唐突にだがここで僕理想の女性像を発表しよう。

それは、目が大きくて顔が濃い目だが、地味目(黒髪であればなお良い)なショートカット である。いかにもオタクの妄想全開の理想像である。そんな都合のいい女の子が大量にいるわけないし、そもそも目が大きくて顔が濃かったら、モテまくり、地味とは対極な存在になってる可能性が高い。目が大きくて顔が濃いならよっぽどなことがない限り美人だろう。

これはあくまで理想の話である。妄想、妄言だ。そもそもキモい僕とかオタクが女の子を選り好みするべきではないだろう。選り好みできる立場にも立ててない。スタートラインにもついてない。

もし男性諸君がイケメンだったとしても、理想の女の子と出会える可能性は低いだろう。男の理想像は細かすぎるので100点満点が出ることはない。だが、女の子の場合ならどうだろうか?女の子、女性は男性よりも恋愛において顔を重視していないと言われている。(結構大真面目な理由があったはずだが忘れてしまった)確かにカップルで美女と野獣は見るが逆はほとんど見たとことがない。女の子の方が男よりも顔以外ものを重要視しているからこそこのような違いが生まれるのではないか?。と私は思った。女の子の方が顔以外のことも重要視しているということだろう。しかし!女の子の男性の理想像も現実とだいぶ開きがある。もはや、超人でしょそれ。と思ってしまうぐらいに理想を詰め込んだ意見もある。お互いに実現不可能な理想像を異性にぶつけあっているのだ。今の若者が恋愛しないことを、この辺にあるのかも知れない。妥協を許さないその姿勢が好みの相手がいない!に繋がっているのか?

話を戻す。男は結局ほぼ見つけることすらできない女性の理想像を持っているわけだ。それならば二次元に可能性を見出すことは見つからない三次元の女性を探すよりも、よっぽど有意義なことだと僕は思う。女の子側もオタクに言い寄られなくて済むし、女の子側も理想の男性がいないのならば二次元に行けばいい。双方が得をするのだから。(少子化は進みます。)

 

大学生で異性と付き合っている割合は2割前後だそうです。つまり8割は(一応)独り身なわけなのだ。8割いてもこれから年が上がるにつれその割合は多分減っていくだろう。だがしかし、その理想を捨てきれなかったとしたら?。妥協できず25.30歳になった時も理想のお姫様や王子様を追い求める大人になったら?

それは地獄だ。

これから僕らが歩むのは先の見えない修羅の道である。

なぜツイッターは面白いのか?

僕は常にツイッターをしており、生活の半分はガチでツイッターを見ている。盛ってない。本当である。正直ツイッター以上に楽しいコンテンツが僕の中では今のところない。強いていうならヨウツベかな?。

ツイッターのアカウントには俗に言うリアルなアカウント、リア垢と。ネタやアニメアイコンで現実の知り合いではなく共通の趣味を持つ人が馴れ合うためのアカウントがある。そういう、漠然としたグループを界隈と言うのだが、おしゃれ、音楽、アニメ、お絵かき、鬱、など様々な界隈が存在し、そこからネットで仲良くなってオフ会に発展すると言う例もあるようである。

オフ会のことはどうでもいいとして、自分が好きな趣向の人とだけツイッターは繋がられるので、逆に言えば嫌いなこと興味ないことを見なくて済む。つまり自分が好きなものだけも閲覧できる、かなり自己中心的なツールであると言える。そもそも気に入らなければ、見なければいいしブロックすればいいわけで。

面白くないわけないのだ。だって面白いものしか見てないのだから面白くないわけないだろう。こんな生活を送っていたら現実世界からネット逃げるのも当然だと思うし、それが正しいような気もする。ただ、僕はそのような都合のいい人間は好きじゃない。好きなものだけをみて嫌なことかから逃げるためにツイッターを利用するのもそいつの勝手だしそれが精神安定剤になっているならその行為は良いのかもしれない。

けど、日本国民がみんなそうなったらめっちゃキモいなと思うのでした。おわり。