読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわとりちゃん

深く考えてないです

理想なタイプ100点満点の女の子存在しない説。

男性には理想の女性像というものがあると思う。もちろん僕にだってあるし、君にだってある(多分)。唐突にだがここで僕理想の女性像を発表しよう。

それは、目が大きくて顔が濃い目だが、地味目(黒髪であればなお良い)なショートカット である。いかにもオタクの妄想全開の理想像である。そんな都合のいい女の子が大量にいるわけないし、そもそも目が大きくて顔が濃かったら、モテまくり、地味とは対極な存在になってる可能性が高い。目が大きくて顔が濃いならよっぽどなことがない限り美人だろう。

これはあくまで理想の話である。妄想、妄言だ。そもそもキモい僕とかオタクが女の子を選り好みするべきではないだろう。選り好みできる立場にも立ててない。スタートラインにもついてない。

もし男性諸君がイケメンだったとしても、理想の女の子と出会える可能性は低いだろう。男の理想像は細かすぎるので100点満点が出ることはない。だが、女の子の場合ならどうだろうか?女の子、女性は男性よりも恋愛において顔を重視していないと言われている。(結構大真面目な理由があったはずだが忘れてしまった)確かにカップルで美女と野獣は見るが逆はほとんど見たとことがない。女の子の方が男よりも顔以外ものを重要視しているからこそこのような違いが生まれるのではないか?。と私は思った。女の子の方が顔以外のことも重要視しているということだろう。しかし!女の子の男性の理想像も現実とだいぶ開きがある。もはや、超人でしょそれ。と思ってしまうぐらいに理想を詰め込んだ意見もある。お互いに実現不可能な理想像を異性にぶつけあっているのだ。今の若者が恋愛しないことを、この辺にあるのかも知れない。妥協を許さないその姿勢が好みの相手がいない!に繋がっているのか?

話を戻す。男は結局ほぼ見つけることすらできない女性の理想像を持っているわけだ。それならば二次元に可能性を見出すことは見つからない三次元の女性を探すよりも、よっぽど有意義なことだと僕は思う。女の子側もオタクに言い寄られなくて済むし、女の子側も理想の男性がいないのならば二次元に行けばいい。双方が得をするのだから。(少子化は進みます。)

 

大学生で異性と付き合っている割合は2割前後だそうです。つまり8割は(一応)独り身なわけなのだ。8割いてもこれから年が上がるにつれその割合は多分減っていくだろう。だがしかし、その理想を捨てきれなかったとしたら?。妥協できず25.30歳になった時も理想のお姫様や王子様を追い求める大人になったら?

それは地獄だ。

これから僕らが歩むのは先の見えない修羅の道である。